宮城のニュース

<福島沖地震>大震災思い出し怖かった

津波警報が発令され、避難所に集まった園児たち=22日午前9時40分ごろ、仙台市宮城野区の中野栄小
津波の影響なのか、名取川河口では白い泡が渦巻き状の模様を描いた=22日午前9時40分ごろ、宮城県名取市閖上

 緊急地震速報と強い揺れが早朝の静けさを破った。津波への警戒を呼び掛けるサイレンが東日本大震災の記憶をよみがえらせた。22日午前、福島県沖の地震に伴う津波が東北などの太平洋沿岸を襲い、沿岸自治体が相次いで避難指示や勧告を発令。避難所に駆け付けた住民らは不安と恐怖に包まれた。
 仙台市は災害対策本部を設置し、沿岸部の698世帯1732人に避難勧告を出した。宮城野、若林、太白の3区に指定避難所計21カ所を開き、約570人が避難、このうち宮城野区中野の津波避難タワーには100人ほどが身を寄せた。
 宮城野区の市指定避難所になった中野栄小には最大80人が避難した。同区出花の主婦小幡嘉都子さん(78)は「サイレンが響き、震災を思い出して怖かった」と顔をこわばらせた。
 市によると、泉区の女性(66)が自宅で転び軽いけが。太白区金剛沢3丁目では地中の水道管が破裂し、64戸が断水した。市には22日午前10時半を指定した爆破予告もあり、対策本部会議で施設の安全確認の状況が報告された。
 石巻市は沿岸部に避難指示を出し、小中学校など31カ所に避難所を開いた。自主避難した住民も含め、約800人が避難。住吉中体育館には住民のほか、スマートフォン向け人気ゲーム「ポケモンGO」の愛好者ら60人以上が身を寄せた。
 多賀城市の砂押川では津波とみられる波の遡上(そじょう)が確認され、午前9時すぎに水位が最大92センチに達した。沿岸部からは内陸の高台を目指して車の列ができた。イオン多賀城店は屋上駐車場を開放した。市内12カ所の避難所には、最大で市民ら762人が避難した。
 東松島市は沿岸部の8570世帯2万1892人に避難指示を出した。計18カ所の避難所には最大約1100人が避難し、うち野蒜市民センターには最大約320人が避難した。JR野蒜駅近くの溶接業田村勝美さん(70)は「津波がまた襲ってくるのではないかと不安だ」と語った。
 名取市は市内3カ所に避難所を開設。仙台東部道路東側の2750世帯7500人に避難指示を出した。
 岩沼市は市内6カ所に避難所を設け、東部道路東側の2359世帯6620人に避難勧告を発令した。


2016年11月22日火曜日


先頭に戻る