宮城のニュース

<楽天>FA陽岱鋼の獲得 星野氏前向き

国内FA権を行使することを表明した日本ハムの陽岱鋼外野手=7日、札幌市の球団事務所

 東北楽天の星野仙一球団副会長は21日、日本ハムから国内フリーエージェント(FA)宣言した陽岱鋼外野手について「チャンスがあるのなら取りにいく」と述べ、獲得に前向きな意向を示した。
 仙台市内であった球団納会後、報道陣に語った。代理人との交渉は今後のこととして「いくとなれば、うちの出せる最大限の条件で」と意欲を示した。
 陽岱鋼は2006年に高校生ドラフト1巡目で福岡第一高から日本ハム入団し、13年に盗塁王を獲得。今季は130試合に出場し、打率2割9分3厘を記録し、主力としてパ・リーグ優勝と日本一に貢献した。
 オリックスと東北楽天が獲得に興味を示しており、陽岱鋼は年内に去就を決めたいとの考えを明らかにしている。


2016年11月22日火曜日


先頭に戻る