山形のニュース

<モンテ>変わらぬ支援を ファンと交流

大黒将志選手(右)と記念撮影する子どもたち

 サッカーJ2山形の選手が、スポンサー関係者やファンと交流を深める「サンクスパーティー」が21日、山形市のパレスグランデールであった。J1再昇格に向け、参加者約250人が選手たちにエールを送った。
 今季で退任が決まっている石崎信弘監督は壇上で「J1昇格を掲げていたにもかかわらず、結果を出せなくて申し訳ない」と頭を下げ、「これからも外から山形を応援していきたい」と力を込めた。
 運営するモンテディオ山形の森谷俊雄社長は「積み上げた力を糧に歩みを進める。変わらない支援をお願いしたい」と訴えた。
 乾杯後、選手28人やコーチらがサポーターにサインしたり、記念写真に応じたりしながら、楽しいひとときを過ごした。
 山形は今季、11勝14分け17敗で勝ち点47にとどまり、14位と低迷した。


2016年11月22日火曜日


先頭に戻る