福島のニュース

「廃炉ロボコン」福島で12月開催 人材育成狙う

 高専生が東京電力福島第1原発の廃炉に役立つロボットのアイデアと技術を競う初のコンテスト「廃炉創造ロボコン」が12月3日、福島県楢葉町で開かれる。文部科学省の委託事業として、廃炉の研究や人材育成に取り組む福島高専(福島県いわき市)が企画。全国の13校から15チームが出場する。
 学生に廃炉への関心を高めてもらい、創造的な人材を育てるのが狙い。全国の高専で組織する協議会と文科省が主催する。
 会場は、日本原子力研究開発機構の廃炉研究拠点「楢葉遠隔技術開発センター」。競技は(1)第1原発建屋の模擬階段を上り、重さ5キロの荷物を2階に運んだり、2階にある物を調べたりする(2)建屋内に見立てた凸凹の床の形状や置かれている物を調べる−のどちらかを選択する。
 第1原発内での作業を想定し、学生らは暗闇の状態でロボットを直視せずに遠隔操作する。電波も届かない現場状況を考慮した遠隔操作となり、カメラや半導体機器の動作時間にも相応の制限を設ける。
 出場チームは9月、事前研修で第1原発を視察し、競技会場を見学。実際のロボット投入例などを学んでアイデアを検討した。東北からは福島高専の1チーム、仙台高専の2チームが出場する。
 主催者は一般の観覧者を募集している。無料で定員50人(先着順)。ファクスやメールで今月25日までに申し込む。連絡先は福島高専総務課0246(46)0719。


関連ページ: 福島 社会

2016年11月22日火曜日


先頭に戻る