宮城のニュース

<福島沖地震>ポケGOレアキャラ出現終了

 津波注意報、警報の発令を受け、石巻市内では、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」のキャラクター探しで沿岸部を訪れていた人が相次いで避難した。
 市総合体育館に避難した静岡県の50代女性は「どこに逃げていいか分からず、とりあえず人がいる方向に動いた。途中で警察の指示を受け、ここまで来た。携帯電話が使えなくなると思い、家族にすぐ安否を伝えた」と話した。
 ポケモンGOが目的で台湾から来日したという20代男性は「日本語がよく分からないので不安」とたどたどしく語った。
 ゲームを運営するポケモン(東京)は、東日本大震災からの復興を支援するため、23日まで岩手、宮城、福島の3県沿岸部で珍しいキャラクター「ラプラス」を出現しやすくしていた。
 同社はゲームの公式ツイッターで「東北地方沿岸部の状況に鑑み、23日までの予定だったラプラスの出現については、本日をもって終了とさせていただきます」と発表した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年11月23日水曜日


先頭に戻る