宮城のニュース

<福島沖地震>宮城の警報 津波到達後

避難タワーに避難し心配そうに海を見つめる住民=22日午前9時5分、仙台市宮城野区中野5丁目の津波避難タワー

 福島県沖を震源とする22日の地震で、気象庁は当初、宮城県沿岸部に到達する津波の高さが津波警報基準の1メートル超となることを予測できず、津波注意報を発令した。警報に切り替えたのは地震発生から約2時間10分後、仙台港に140センチの津波が到達した後だった。
 同庁は同日午前6時2分、福島県に津波警報、青森県太平洋沿岸と岩手県、宮城県、茨城県などに注意報を出した。警報基準の津波高は1メートル超3メートル以下。
 宮城県内では午前7時20分、石巻市鮎川で30センチの津波を記録した。午前8時3分に仙台港で140センチの津波を観測し、同9分、津波警報に切り替えた。
 同庁によると、沖合の津波観測機器などのデータを分析した結果、仙台港に1メートル超の津波が来ることは予測できなかったという。
 同庁の担当者は「海底の地形によって高くなったのか、沿岸に到達した津波が沖合に戻る途中で後続の津波と重なり、高くなったのか詳細は不明。今後、要因を分析する」と説明した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年11月23日水曜日


先頭に戻る