宮城のニュース

<特殊詐欺>仙台の男性173万円被害

 仙台南署は22日、仙台市太白区の無職男性(68)が特殊詐欺で現金173万円をだまし取られたと発表した。南署によると、8月下旬、男性の携帯電話に「有料サイトの退会処理が完了していない」などのメールが届いた。男性は指定された連絡先に電話し、対応した男らの指示で同月30、31日、近所の現金自動預払機(ATM)から5回にわたり現金合計173万円を振り込んだ。


関連ページ: 宮城 社会

2016年11月23日水曜日


先頭に戻る