宮城のニュース

涌谷の魅力仙台でPR 野菜など直売、試食

特産化を目指す伝統野菜などが並んだ直売コーナー

 涌谷町は地域ブランドの商品開発を目指す事業「涌谷まち・ひとデザインラボ」の一環として、仙台市青葉区のサンモール一番町商店街で開催中の「伊達美味( うま )マーケット」に出展し、町の魅力をPRしている。
 目玉は町特産の食材を使い、町民が考案したスイーツの試食コーナー。「おぼろ豆腐シェイク」「小ねぎボーロ」「『黄金伝』ショコラ」の3種類で、買い物客らに振る舞っている。
 今年初めて作付けした「仙台雪菜」など県内の伝統野菜をはじめ、町内産の新鮮な農産物の直売も実施している。町は消費者の反応を確かめ、今後のラボで商品開発に生かす。
 出展は24日まで。時間は午前10時〜午後6時。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2016年11月24日木曜日


先頭に戻る