宮城のニュース

<楽天>新入団選手お披露目 ファン感謝祭

ファン感謝祭で大勢のファンに紹介される新入団選手=23日、仙台市宮城野区の楽天Koboスタジアム宮城

 プロ野球東北楽天の「ファン感謝祭2016」が23日、仙台市宮城野区の楽天Koboスタジアム宮城であり、初めての試みとして新入団選手をファンの前でお披露目した。肌寒い天候の中、過去最多の2万616人が訪れた。
 新入団の14選手はユニホーム姿でグラウンドに登場し、自己紹介した。「一日でも早く東北、楽天のために活躍できるよう頑張る」と決意を述べたドラフト1位の藤平尚真投手(神奈川・横浜高)は「大きな拍手で温かく迎えてもらい、このチームでプレーするのが楽しみ」と笑顔を見せた。
 スタンドのファンは早速、選手の名前を呼ぶなど声援を送った。友人と訪れた岩手県雫石町の幼稚園教諭竹林亜香里さん(24)は「新入団選手を近くで見て、親近感がわいた。選手を知ることができ、応援したい気持ちが強くなった」と喜んだ。
 選手はグラウンドを1周し、ファンに手を振って1年間の応援に感謝した。銀次選手会長は「来季は必ず優勝し、仙台を盛り上げる」と、3年連続Bクラス(4位以下)からの巻き返しを誓った。


2016年11月24日木曜日


先頭に戻る