岩手のニュース

<陸前高田市>かさ上げ新市街地 マップ作成

復興ニュース10月号に掲載した新中心市街地の出店予定者マップ

 東日本大震災で壊滅した中心市街地の再生に取り組む岩手県陸前高田市は、かさ上げ後の新市街地の出店予定者マップを作製し市内全戸に配布した。建物はまだ建っていないが、市民にイメージをつかんでもらうとともに出店者増加につなげていく考え。
 海抜約10〜12メートルまでかさ上げする新市街地では、大型商業施設を核に、市の借地や土地区画整理事業に伴う換地に店舗を建てる。
 市は、対象約20ヘクタールの出店予定者や賃貸も含めて商売する意向の地権者のうち、同意を得た約60件の店名、業種、場所などを復興ニュース10月号に掲載した。
 「どこが出店するのか知りたい」と商業関係者から要望があった。まだ決断しきれなかったり、業務内容を検討したりする人も多いとみられ、市の担当者は「マップ作製で背中を押すことができればいい」と期待する。出店状況を踏まえて更新する。
 新市街地では、大型商業施設が2017年4月の開業を予定する。個別店舗については今秋から17年度末にかけて順次、着工可能となる見通し。市は借地事業者を2次募集している。


2016年11月24日木曜日


先頭に戻る