広域のニュース

<まるっと!新名所>歴史ある花街 愛誓う

和装が引き立つ古都の風情の中で写真に納まるカップル=京都市東山区

◎列島フォトリレー/巽橋周辺

 「新郎さん、新婦さん、もっと近づいて!」。紋付きはかまと打ち掛け姿の男女が、カメラマンの指示でポーズを取る。
 京都市東山区の花街「祇園」の巽(たつみ)橋周辺は、結婚を控えたカップルなどのロケーション撮影(ロケ撮)スポットとして人気だ。石畳や朱色の玉垣、美しい町屋の格子。日本情緒あふれる空間で、2人の姿を写真で残しておきたいという。
 最近は、ロケ撮専門の業者も現れた。「京都好日」(京都市下京区)はその一つ。代表の村田了一さん(39)は「巽橋周辺は順番待ちになるほどの人気ぶり」と語る。
 浜松市の高見勇輝さん(28)と早友合さん(26)は入籍を済ませ、来春に挙式予定。相合い傘で歩いたり、手を取って見つめ合ったり。「風情ある場所で婚礼写真を撮りたかった。一生の思い出になる」と幸せいっぱいの笑顔を見せた。(京都新聞)


関連ページ: 広域 社会

2016年11月24日木曜日


先頭に戻る