宮城のニュース

<ポケGO>路線バス運転中に操作、自損事故

 宮城交通(仙台市)の男性運転手(43)が仙台市バスを運転中にスマートフォン向け人気ゲーム「ポケモンGO」を操作し、自損事故を起こしていたことが24日、分かった。宮城運輸支局は24日、同社が市交通局から運行管理業務を受託している宮城野区の東仙台営業所を立ち入り監査した。
 交通局によると、男性運転手は10月18日午後6時半ごろ、宮城野区燕沢2丁目の市道で市バスを回送運転中、左前方の街路樹に衝突した。男性運転手は「ポケモンGOをしていて前方確認を怠った」と話しているという。
 男性運転手は仙台駅前発鶴ケ谷7丁目行きの路線バスを運行後、営業所に戻る途中だった。乗客はなく、男性運転手にけがはなかった。
 交通局の菅沢勇自動車部長は「運転中にスマホを操作するのは言語道断の行為。市民とバス利用者に深くおわびする」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年11月25日金曜日


先頭に戻る