宮城のニュース

「シルマグちゃん」よろしく 塩釜に新キャラ

平山理事長(左)と一緒に佐藤市長を表敬訪問した「シルマグちゃん」

 塩釜市シルバー人材センターのイメージキャラクター「シルマグちゃん」が誕生した。一般公募した作品を基に、マグロをイメージしてデザインした。27日のイベントで初披露する。
 「シルバー」と、塩釜特産のマグロを組み合わせて命名した。体の色は塩釜桜のピンク。市内の小中学校などから応募のあった190作品の中から1作品を選んだが、「あまりに、ふなっしーに似ていた」(事務局)ことから、より塩釜らしくデザインを一部変更して完成させた。
 性格は優しく、正義感が強い。だが、回転すし店に行くと元気がなくなる−のが特徴。「イメージキャラのプライドがある。本人はゆるキャラと思っていない」(事務局)と主張する個性派だ。
 平山日出子理事長らが24日、シルマグちゃんの着ぐるみと一緒に佐藤昭市長を表敬訪問した。今後、各種イベントに参加し、シルバー人材センターをPRする。27日にマリンゲート塩釜で開かれる収穫まつりで、市民にお披露目する。


2016年11月26日土曜日


先頭に戻る