広域のニュース

<まるっと!新名所>小島と月 神秘の光景

月光の下、モノトーンの世界に優美な姿を見せる後ケ島=兵庫県豊岡市

◎列島フォトリレー/後ヶ島

 神々しい月明かりが水面(みなも)を照らす。静寂に包まれた日本海に、優美なシルエットが浮かび上がった。
 兵庫県豊岡市の日和山海岸沖合に浮かぶ無人島の後ケ島(のちがしま)。浦島伝説を町おこしにつなげようと、地元の観光会社が1950年、竜宮城をイメージした建物を造った。
 外周約500メートルの小さな島はかつて、遊覧船が運航され、多くの観光客でにぎわった。再び脚光を浴びたのは、山陰海岸が世界ジオパークの認定を受けた2010年。後ケ島の神秘的な光景は、インターネットの旅行サイトなどで評判が広まった。
 浦島太郎が登場する携帯電話のテレビCMの影響もあり、知名度は今も上がっている。格好の撮影場所には連日、写真愛好家らが詰め掛ける。
 小さな島を包む空と海。刻々と変わる表情もまた魅力を引き立てている。(神戸新聞)


関連ページ: 広域 社会

2016年11月25日金曜日


先頭に戻る