宮城のニュース

<政活費>領収書などHP公開へ 気仙沼市議会

 宮城県気仙沼市議会(定数24、欠員1)は25日、政務活動費(政活費)の収支報告書や領収書をホームページ(HP)に公開する方針を固めた。公開は2016年度分から。県内で政活費を支給している13市のうち、インターネットに領収書まで公開するのは白石市に次ぎ2例目となる。
 県議会などで政活費を巡る不正支出問題が相次いだのを受け、同日開かれた議会改革調査特別委員会の運営小委員会で各会派が合意した。12月中に正式決定する。臼井真人委員長は「活動の透明性を高め、市民に信頼される議会につなげたい」と述べた。
 気仙沼市議会はこれまで政活費の資料をネットで公開せず、窓口での閲覧も認めていなかったため、閲覧や入手には情報公開請求をする必要があった。政活費は議員1人当たり月額1万円を支給し、15年度は計約145万円が使われた。
 小委員会は、議案の採決結果や議員別の賛否に関して、12月定例会の結果からHPや広報誌に公表することでも一致した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年11月26日土曜日


先頭に戻る