宮城のニュース

<クイーンズ駅伝>きょう号砲 

選手宣誓するデンソーの小泉主将

 「クイーンズ駅伝in宮城」第36回全日本実業団対抗女子駅伝が27日、宮城県松島町文化観光交流館前から仙台市陸上競技場までの6区間、42.195キロで争われる。シード権を持つ8チームと予選会を通過した14チームの計22チームが出場する。
 26日は仙台市の仙台サンプラザホールで開会式が行われ、選手や大会関係者ら約500人が参加。日本実業団陸上競技連合の西川晃一郎会長が「チームが一体となる素晴らしさを見せ、日頃の支援に対する感謝の気持ちを持って走ってほしい」とあいさつし、前回優勝チームで4連覇を狙うデンソーの小泉直子主将が選手宣誓した。
 宮城県での開催は今年で6回目。スタートは午後0時15分の予定。(河北新報社など特別協力)

<小泉主将「最初から最後まで全力で」>
 デンソーの小泉主将は「笑顔を届けるため、一本のたすきをつなぐ」と力強く宣誓した。 6年連続で2区(3.9キロ)を任される。前回大会は自身の区間新記録を更新しており、「最初から最後まで全力で走りたい」と言う。チームとしては大会タイの4連覇が懸かるが、「前回出ていない選手も調子が上がっている。新たなチームで初優勝を狙う気持ちで臨む」と意気込んだ。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2016年11月27日日曜日


先頭に戻る