宮城のニュース

<うみの杜水族館>サンタに魚もそわそわ

大水槽内で魚に餌をプレゼントするサンタクロース姿のダイバー=26日午後0時45分ごろ

 仙台うみの杜水族館(仙台市宮城野区)で26日、冬のイベント「うみの杜クリスマス」が始まった。サンタクロースに扮(ふん)したダイバーが大水槽内を泳いで魚に餌を与えるなど、クリスマスのパフォーマンスが来月25日まで展開される。
 真っ赤な衣装のダイバーは1日1回、大水槽に約10分間登場。餌を求めて約2万匹のマイワシが長い銀色の隊列をつくるなど、来館者は幻想的な風景を楽しんだ。多賀城市の幼稚園児板垣杏奈ちゃん(5)は「サンタさんみたいに泳いでみたい」と笑顔で話した。
 うみの杜スタジアムのショーでも、サンタの衣装の飼育員と一緒にアシカがハンドベルを鳴らしたり、イルカはサンタ帽を飛ばしたりして来館者を喜ばせた。


関連ページ: 宮城 社会

2016年11月27日日曜日


先頭に戻る