岩手のニュース

マンガ郷いわて特別賞の松本零士さん 知事と対談

銀河鉄道999について語り合う松本さん(左)と達増知事

 岩手県が創設した「マンガ郷いわて特別賞」の第1回表彰式が26日、盛岡市民文化ホールであり、漫画家の松本零士さん(78)が受賞した。代表作「銀河鉄道999」と宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の関わりをテーマにした達増拓也知事との対談では、宇宙を舞台にした創作への思いを語った。
 トレードマークのニット帽をかぶった松本さんは式で「穏やかで優しい賞を頂いた。胸にぐっときた」と喜びを語った。
 達増知事との対談では、小学生だった終戦後に「銀河鉄道の夜」を初めて知ったことを振り返り、「星が大好きで夜空を見上げていた。ごう音を立てて走る銀河鉄道で宇宙に行きたいと思っていた」と語った。
 達増知事は「中学時代に銀河鉄道999に心をつかまれた。テレビアニメの歌詞が希望郷いわてを表現している」と話した。
 同ホールでは「漫画界のレジェンド 松本零士展」が開幕。「宇宙海賊キャプテンハーロック」など代表作の自筆原画やセル画など約200点を展示する。12月25日まで。月曜休館。入場料は一般・大学生800円、小中高生500円。連絡先は同ホール019(621)5100。


関連ページ: 岩手 文化・暮らし

2016年11月27日日曜日


先頭に戻る