宮城のニュース

<アングル宮城>内陸被災 平穏な日々徐々に

集団移転した宅地跡で、緑地公園の計画が進む仙台市太白区の緑ケ丘4丁目地区。街の記憶を残そうと、住民らがアイデアを出し合っている

 東日本大震災の激しい揺れは仙台市の内陸部にも大きな爪痕を残した。あれから5年8カ月余り。被害が集中した団地を歩いた。
 約100戸に避難勧告が出た太白区の緑ケ丘4丁目地区。住宅が密集した団地を抜けると草原が現れた。地滑りで被災、現地再建を諦めた約80戸の宅地跡だ。
 同様の住宅被害があった青葉区の折立5丁目地区では現地再建が進んだ。宅地の擁壁が頑丈に固められ、その上に次々と家が建っている。
 斜面が家屋を巻き込みながら崩れた青葉区の西花苑団地。崖下に住んでいた栗生地区の住民も避難を強いられた。現在は巨大なのり面が完成し、二つの団地は平穏な日々を取り戻した。
 市によると、危険、要注意の判定を受けた宅地は5728カ所。うち2521カ所(169地区)が今年4月までにほぼ復旧した。
 市内で最初に復旧工事が始まった泉区南光台6丁目地区。世話役を務めた泉川富男さん(75)は「町内会を中心に結束して取り組んだ。住民同士に生まれた絆を大切にしていきたい」と話した。(写真部・川村公俊)


関連ページ: 宮城 社会 アングル

2016年11月28日月曜日


先頭に戻る