宮城のニュース

<NPOの杜>未来を育てる種をまく

 学校の先生や両親以外の大人との日常的な関わりが少なく、将来への漠然とした不安を抱えている高校生は少なくありません。そんな高校生のために、NPO法人ハーベストは、さまざまな職業に就き、多様な経歴を持つ大人と出会う場をつくるキャリアセミナーを、宮城県内の高校で開催しています。
 大学生や社会人になりたての20代からリタイアした60代まで、幅広い年齢層の一般市民がボランティアで講師になります。少人数の車座形式の授業で、自分の仕事への熱い思いや、そこへ至るまでの失敗談も含めた人生経験を高校生に語り掛けます。
 「働くことの楽しさを伝えたい」との熱のこもった言葉が、高校生の心のスイッチを静かに押し、授業中とはひと味違う表情を浮かべます。「働くことへの不安が減った」「今の勉強がいつどこで役に立つか分からない」「何事も本気でやってみようと思えるようになった」との声も聞かれます。
 若者が大人たちと本音で語り合える場を通して、社会を生き抜く力を持って主体的に行動できる若者を地域で育てていくことが、ハーベストの使命。未来を育てる種をまいています。
(認定NPO法人杜の伝言板ゆるる 庄司真希)


関連ページ: 宮城 社会 NPOの杜

2016年11月28日月曜日


先頭に戻る