広域のニュース

<まるっと!新名所>サイクリスト 続々と

急坂の先には疲れも吹き飛ぶ絶景が待ち受ける=愛媛県今治市

◎列島フォトリレー/亀老山

 サイクリストの人気も高い瀬戸内しまなみ海道(西瀬戸自動車道)で、多くの人が立ち寄るスポットがある。来島(くるしま)海峡を一望できる愛媛県今治市の亀老山(きろうさん)展望公園だ。
 国道から外れ、標高307.8メートルの頂上を目指す。平均斜度10%、最大14%の上り坂。日頃鍛えた健脚でペダルをこいで登り切ると、別世界が広がる。三連つり橋「来島海峡大橋」や、瀬戸内の島々の雄大な景色が堪能できる。
 しまなみ海道の自転車通行が無料化された2014年から、自転車の観光客が一気に増えた。大手旅行代理店のサイトで国内の人気展望スポット3位に輝き、1日100人以上のサイクリストが登ってくる。
 初めて訪れたという京都府の会社員林英幹さん(45)は「勾配がきつくて大変だったけれど、眺めは最高」と爽やかな表情で汗を拭った。(愛媛新聞)


関連ページ: 広域 社会

2016年11月28日月曜日


先頭に戻る