宮城のニュース

不審者に備えよ 教職員が護身術

 ◇…宮城県村田町の村田高が不審者の侵入に備え、教職員約30人を対象とした護身術講座を開いた。講師の地元駐在所員は「警察が来るまでの時間をどう稼ぐかが重要」と助言した。
 ◇…所員は腕をつかまれた際の対処法やパンチのよけ方を伝授。教職員は2人一組になり、実技形式で動きを学んだ。
 ◇…自分の腕をつかんだ相手の手をひねって倒したり、パンチのまねをしたりするうちにヒートアップする先生たち。所員は「攻撃よりも防御を第一に考えて」と冷静な対応を求めた。
(大河原)


関連ページ: 宮城 社会

2016年11月29日火曜日


先頭に戻る