宮城のニュース

<仙台L>川村ら3人なでしこ候補

 日本サッカー協会は28日、静岡市内で行う国内合宿(12月5〜8日)に参加する女子日本代表候補23人を発表し、仙台レディース(仙台L)から川村、佐々木繭、有町の3人が選出された。7日に練習試合をする。
 東北関係ではINAC神戸の鮫島、京川(ともに宮城・常盤木学園高出)増矢(JFAアカデミー福島出身)、千葉の山根、菅沢(ともにJFAアカデミー福島出身)それに中村(新潟、常盤木学園高−新潟医療福祉大出)が入った。
 クラブを通じ川村は「一つ一つのプレーにこだわり、たくさんのことを吸収できるように頑張る」、佐々木繭は「自分の特長をしっかり出して、さらにレベルアップしたい」、有町は「短い期間だが、たくさん刺激を受けて、何か一つでもチームに還元したい」とコメントした。


2016年11月29日火曜日


先頭に戻る