宮城のニュース

<長沼案断念>具体的な理由明かさず退場

東京都内のホテルで開かれた、IOC、2020年東京五輪・パラリンピック組織委、東京都、政府の4者によるトップ級会合=29日午後

 東京五輪・パラリンピックのボート、カヌー・スプリント会場を巡り、宮城県長沼ボート場(宮城県登米市)への変更を断念したことについて、小池百合子東京都知事は29日の関係4者のトップ級会合で、費用試算の比較など具体的な理由を明らかにしなかった。
 小池知事は「さまざまな費用や立地面などを考えた」と述べたが、どのような要素を考慮して「海の森」に決めたのかは説明が省かれた。
 今月1日にあった都の会合では、都の調査チームが現計画の「海の森水上競技場」と長沼について、それぞれ整備費や維持費の試算、大会運営面の課題などを整理して公表していた。だが、4者会合の場では、こうしたデータに具体的に言及する場面はなかった。
 都の調査チーム統括役として、長沼ボート場への変更案を含む報告書をまとめた上山信一慶応大教授は、報道陣の問い掛けに答えず、無言のまま4者会合の会場を後にした。


2016年11月30日水曜日


先頭に戻る