宮城のニュース

<長沼案断念>宮城知事 五輪成功応援したい

報道陣の質問に答える宮城県の村井嘉浩知事=29日午後、仙台市

 2020年東京五輪・パラリンピックの会場計画見直しで、宮城県長沼ボート場(宮城県登米市)への変更案が見送られたことについて、村井嘉浩知事は29日、「肝心なのは五輪を成功させること。残念だが、東京都など関係者の決定に従うのが正しい選択」と話し、落選を淡々と受け止めた。
 開催見送りの決定後、県庁で報道各社の取材に答えた。村井知事は「『復興五輪』の原点に立ち戻り、多くの国民が支持してくれたことに感謝する。県として五輪の成功を応援していきたい」と述べた。
 開催を期待した東日本大震災の被災地には「振り回された」との嘆きが広がる。村井知事は「地元の気持ちは分かるが、都が判断したこと。事情を地元に説明したい」と話した。
 長沼ボート場が五輪の事前合宿地として活用される小池百合子東京都知事の提案は歓迎。県が都に提案したインターハイのボート競技を長沼で恒久的に開催する計画については「五輪開催を前提にした話。白紙だ」との考えを示した。
 布施孝尚登米市長は取材に対し、「候補地決定の経緯をしっかり説明するべきだ。都は事前合宿地となる長沼のPRにも力を入れてほしい」と訴えた。


2016年11月30日水曜日


先頭に戻る