宮城のニュース

<福島沖地震>宮城津波被害2845万円

 宮城県は29日、福島県沖を震源とした22日朝の地震に伴う津波の被害状況について、漁船や養殖施設などを中心に被害額が2845万円に達したと発表した。
 水産業関係の被害は2045万円。石巻、東松島の両市と七ケ浜、亘理の両町で漁船転覆などの被害が確認された。ノリなど養殖施設の被害は仙台、石巻、塩釜、東松島、七ケ浜、南三陸の6市町で計882万円。カキの脱落やノリの流出の被害は643万円となった。


関連ページ: 宮城 社会

2016年11月30日水曜日


先頭に戻る