宮城のニュース

スケートできたよ 鈴木明子さんが児童に教室

児童らにスケートを指導する鈴木さん(中央)

 バンクーバー、ソチ両冬季五輪の女子フィギュアスケートで8位入賞したプロアイススケーターの鈴木明子さんが11月24日、宮城県石巻市貞山小(児童202人)でスケート教室を開いた。
 体育館に設置された樹脂製の簡易スケートリンクで3、4年生67人が滑り方の基本を学んだ。「両方のかかとを付けて、つま先を開く」といった鈴木さんのアドバイスを受け、児童は次第に滑れるようになった。
 3年阿部結大(ゆいと)君(9)は「初めは難しいと思ったけれど、すぐできるようになってうれしい」と話した。鈴木さんは全校児童の前で講演も行い「チャンスは誰にでも必ず訪れる。高い壁でも挑戦する気持ちをなくさないで」などと励ました。
 建設業の木下グループ(東京)などが児童に夢を持ってもらおうと企画した。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2016年12月01日木曜日


先頭に戻る