宮城のニュース

マンホールカード 宮城・涌谷で配布開始

涌谷町が発行したマンホールカード

 宮城県涌谷町は1日から、公共下水道のマンホールのふたを紹介する「マンホールカード」を町内の天平ろまん館で無料配布する。国土交通省など下水道広報プラットホームが全国展開する企画で、県内初。町は「下水道を身近に感じ、町に興味を持ってほしい」と話す。
 カードは縦8.8センチ、横6.3センチ。表面にふたの写真、裏側にはデザインの由来を紹介する文章などを載せた。
 写真のふたは町内に約1000枚ある公共下水道のマンホール用で、1993年から使用。町花の桜と天守閣を模した城山公園の史料館をあしらっている。カード左下に撮影場所の緯度と経度を記し、現地で確認する楽しみもあるという。
 マンホールカード発行は今年4月に始まり、現在114自治体の120種類が作られている。町は2000枚を発行。ろまん館で希望者1人につき1枚を手渡しする。郵送や予約は受け付けない。
 連絡先は町上下水道課0229(43)2131。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2016年12月01日木曜日


先頭に戻る