福島のニュース

<福島第1>圧力抑制室脚部を耐震補強へ

コンクリートを流すホースを設置する作業員

 東京電力福島第1原発1〜3号機の溶融燃料(燃料デブリ)取り出しに向け、国際廃炉研究開発機構(IRID)と日立GEニュークリア・エナジー(茨城県日立市)は29日、原子炉格納容器下部の圧力抑制室の脚部を耐震補強するための実証試験を公開した。
 日本原子力研究開発機構が福島県楢葉町に整備した「楢葉遠隔技術開発センター」で実施。2号機の原子炉格納容器下部を再現した実寸大試験機を活用した。
 補強工事は、流動性と強度を兼ね備えた特殊なコンクリートを、圧力抑制室を収める地下の空間「トーラス室」に流し込む。公開した試験では、高線量下で迅速かつ正確に作業できるかどうか、手順を確認した。
 建屋1階床の穴からホースをつり下ろす作業では、防護服姿の3〜5人がロープや棒で先端部を動かし、15メートル下のトーラス室にホースを設置した。
 建屋外ではコンクリートミキサーが稼働。コンクリートに見立てた水が計画通りに送り込めているか、運転員が遠隔操作室の水位計などで確かめた。
 燃料デブリ取り出しは、破損した圧力抑制室などの止水が前提。国や東電が想定するコンクリートを詰める工法は、重量が2.5倍に増えるため、脚部の耐震性を高める必要がある。
 IRIDは東芝などと止水の実証試験も進めており、デブリ取り出し工法が決まる来年夏ごろまでにデータをまとめる。吉沢厚文専務理事は「廃炉へ重要な一歩を踏み出せるようデータを提供したい」と述べた。


2016年11月30日水曜日


先頭に戻る