広域のニュース

<東北電>停止中の会員制ウェブ 12月再開へ

 東北電力は29日、不正アクセス被害で停止中の会員制ウェブサービス「よりそうeねっと」を、12月上旬に再開する方針を発表した。全会員14万2827人(15日現在)に新たな会員IDの発行を進めており、今後は大量アクセスに対する監視機能を強化する。
 10〜15日の不正アクセスでは会員540人のポイント(計25万〜30万円相当)が他社電子マネーなどに交換された。その後の調査で、新たに1416人が不正侵入されたことが判明。いずれも交換に必要なポイント数に達しておらず実害はなかった。東北電は被害者のポイントを補填(ほてん)する。
 東北電は全会員のIDを停止し、新たなID、パスワードでの再登録を求めている。IDなどは東北電のサイト以外から入手されたと判断しており、他サイトで使っているものと同じIDなどの利用は避けるよう呼び掛けるとともに、今後は定期的に注意を喚起する。


関連ページ: 広域 経済

2016年11月30日水曜日


先頭に戻る