宮城のニュース

<楽天>松井裕 2500万円増

 東北楽天は30日、則本昂大、松井裕樹両投手ら6選手と来季の契約を結んだ。則本は5000万円増の2億円で新たに3年契約を結び、松井裕は2500万円増の9000万円でサインした。
 今季球団記録を更新する69試合に登板し、3年連続65試合以上登板を達成した福山博之投手は3000万円増の7500万円で合意。「来年は今年以上の試合数で投げて抑え、チームが日本一になるためにやれることをやっていきたい」と抱負を述べた。
 新人以来の7勝をマークした釜田佳直投手は1220万増の2500万円でサイン。「1年間1軍のマウンドに上がり、勝ち星も挙げることができた。来季は2桁勝利と規定投球回を達成できるよう頑張りたい」と語った。
 主に代打の切り札として45試合に出場、打率2割7分8厘、1本塁打の成績だった枡田慎太郎外野手は200万円減で合意し、「来季はもっと先発出場し、2桁の本塁打を打ちたい」と話した。
 2試合の登板にとどまった武藤好貴投手は100万円減でサインした。(金額は推定)


2016年12月01日木曜日


先頭に戻る