宮城のニュース

<楽天>則本2億円 新たに3年契約

来年の目標を「勝」と力強く色紙に書き込んだ則本

 11勝11敗、防御率2.91の成績を挙げた則本昂大は、田中将大(ヤンキース)と同じく、入団5年目で2億円の大台に到達した。3年契約の提示に「(勝ち星で)貯金がつくれず納得のいく成績ではないが、最大限の評価をしてくれた」と感謝した。
 前半戦9勝と順調に勝ち星を積み重ねながら、後半戦は2勝止まり。「もう一度しっかり体づくりをし、1年安定した成績を残せる体力とメンタル面を鍛え上げたい」と反省を口にする。
 入団2年目以降、チームは3年連続Bクラス(4位以下)に沈む。秋季練習中、上位チームがクライマックスシリーズを戦っているのを見て「自分たちを情けなく感じた」という。「プロであれば目指すは一つ。10、11月まで試合ができたらいいと率直に思った」
 そのため、西武から岸の加入は大きな追い風。「すごく心強い」と喜ぶ一方で、「そろそろ自分も独り立ちしないといけない。チームの中でまず一番になりたい」と競争心ものぞかせる。
 今オフは恒例の田中らとの自主トレーニングに加え、12月にダルビッシュ有(レンジャーズ、宮城・東北高出)とも練習する。「会うだけでも自分の感覚が変わると思う」。全てを貪欲に吸収し、成長につなげる。(浦響子)


2016年12月01日木曜日


先頭に戻る