宮城のニュース

<特殊詐欺>仙台の男性 710万円被害

 仙台東署は1日、仙台市宮城野区の無職男性(51)が特殊詐欺で現金710万円をだまし取られたと発表した。東署によると、9月19日ごろ、男性のパソコンに「1億3000万円の遺産を無償で譲渡します」「贈与するには、決済するお金が必要」などとうそのメールが届いた。内容を信じた男性は10月17日〜11月13日、指定された複数の口座に約120回にわたり計710万円を振り込んだ。


関連ページ: 宮城 社会

2016年12月02日金曜日


先頭に戻る