広域のニュース

<東経連>東北の力発揮へ広域連携強化を

 東北経済連合会は1日、新潟を含む東北7県選出の国会議員との懇談会を東京都港区のホテルオークラで開き、広域連携の強化に向けて意見を交わした。
 東経連は今月、創立50周年を迎える。海輪誠会長はあいさつで「東北は一つという創立時からの基本理念を継承しつつ、地方創生の旗頭となる気概を持ち、さまざまな事業に取り組む」と述べた。
 東北7県の知事らと連携し、8月に台湾で観光PR事業を展開した例を挙げ「東北全体の視点を持つことの大切さを痛感した。総合力を発揮できるよう、広域連携の場をつくっていく」と強調。国会議員に選挙区を越えた協力を求めた。
 大島理森衆院議長(青森3区)は「与野党それぞれの立場で『東北は一つ』を共通の意識として、誇りを持って頑張っていこう」と呼び掛けた。
 国会議員や東経連役員ら約200人が出席した。


関連ページ: 広域 経済

2016年12月02日金曜日


先頭に戻る