宮城のニュース

<入試のツボ>総復習 最後の好機に

◎高校受験・冬休みの過ごし方(1)

 冬休みは総復習のラストチャンス。普段より勉強時間が確保できる絶好の機会でもある。しっかりと目標を立てて有意義に過ごしてほしい。
 苦手科目は毎年出題されている分野を把握(表参照)し、優先順位を付けて対策を講じることが大切になる。基本問題でミスをしないためには、中学1〜3年まで全単元が入ったまとめワークを解いたり、模擬試験の復習が有効だ。
 一人一人に合った勉強法はそれぞれ異なるが、朝起きて最初の勉強は、基本的な計算問題や前日の復習から始めたらどうだろう。得意科目から始め、やる気を高めてから苦手科目、そして得意科目に戻るサンドイッチ学習法だ。やる気が持続し、次の日もまた頑張ろうという意欲が湧きやすい。
 暗記物は夜寝る直前が効果的というアドバイスもあるようだ。理科や社会はもちろん、漢字や英単語を覚えるのにも取り入れてほしい。
 冬休みは、イベントの多い時期でもある。全体目標(アクションプラン)と、日々の目標(スモールステップ)を立て、達成したら気分転換をするのもいいだろう。何事もメリハリが大切。心身をリフレッシュすれば勉強の効率も上がる。
(個別教室のアップル・鎌田しおり長町南駅前教室長)


関連ページ: 宮城 社会 入試のツボ

2016年12月03日土曜日


先頭に戻る