宮城のニュース

利府駅前でイルミネーション始まる

駅前を華やかに彩るイルミネーション

 利府町のJR東北線利府駅前で、年末恒例のイルミネーションが始まった。約2万個の発光ダイオード(LED)の電球がケヤキに飾られ、青と白の光で乗降客を出迎えている。
 町民への憩いと安らぎの場の提供と、駅前活性化を目的に町内事業者が14年前に始めた。電球の提供・取り付けは町内の電気工事会社7社でつくる梨電会が担い、電源は駅前で屋台村を運営する株式会社まちづくり利府が提供した。
 2日に駅前の「利府町ひと・まち・しごと創造ステーションtsumiki」であった点灯式で、鈴木勝雄町長が「関係者の力添えで、今年も乗降客に癒やしの光を提供できた」と謝辞を述べた。近くの利府聖農保育園の園児34人がクリスマスソングを披露した。
 点灯は午後4時半〜11時で、来年1月31日まで。


関連ページ: 宮城 社会

2016年12月04日日曜日


先頭に戻る