宮城のニュース

<なでしこ>仙台大の須永神戸入り決定

記者会見でユニホーム姿を披露する須永

 サッカー女子、なでしこリーグINAC神戸に仙台大のDF須永愛海(22)=163センチ、50キロ=が入団することが決まり2日、同大で記者会見があった。「一試合でも多く出場できるよう頑張りたい」と意気込んだ。
 仙台市出身で、福島・富岡高時代にJFAアカデミー福島でプレー。スピードがあり、左右のサイドバックとサイドハーフをこなせる。仙台大3年時にユニバーシアード日本代表に選ばれ、銅メダルを獲得した。
 INAC神戸の印象を「トップ選手が多い強豪」と語り、目標とする選手に元日本代表(なでしこジャパン)のDF鮫島彩(宮城・常盤木学園高出)を挙げた。
 最大の夢は「2020年東京五輪でなでしこジャパン入りしていること」。東日本大震災で被災した宮城、福島の関係者に対しては「感謝の思いをプレーで表現しようとしてきた。これからも同じです」と話した。


2016年12月03日土曜日


先頭に戻る