宮城のニュース

<宮城仙台アニメGP>制作技術競い人材発掘

 アニメーションの制作技術を競う「宮城・仙台アニメーショングランプリ2017」の実行委員会は、テーマ自由で上映時間30分以内の短編アニメ作品を募集している。締め切りは来年1月13日。
 コンテストは県や仙台市など実行委が主催し、9回目。今回、一般部門と別に県内の学生対象の「宮城のあした部門」を設けた。受賞作品は3月末、東京で開かれる国内最大級のイベント「アニメジャパン2017」で上映する。
 県は「アニメジャパンでの上映は業界関係者の目に留まる大きなチャンス。宮城から若い人材を発掘したい」と話す。連絡先は県情報産業振興室022(211)2479。


関連ページ: 宮城 社会

2016年12月04日日曜日


先頭に戻る