宮城のニュース

<高校ラグビー>仙台育英、若狭東と初戦

 全国高校ラグビー第96回大会(27日〜来年1月7日・花園)の3回戦までの組み合わせ抽選会が3日、大阪市内で行われ、今春の選抜大会を制したAシードの東福岡は、米子工(鳥取)−浜松工(静岡)の勝者と2回戦で対戦することが決まった。
 1回戦は東西のチームが対戦する。東北勢は青森北が土佐塾(高知)、黒沢尻工(岩手)が佐賀工、仙台育英が若狭東(福井)、山形中央は松山聖陵(愛媛)、郡山北工(福島)は報徳学園(兵庫)と対戦する。国体優勝の御所実(奈良)と選抜準優勝の桐蔭学園(神奈川)のAシード勢と、2連覇を狙う東海大仰星(大阪第1)、最多66度目出場の秋田工などBシードの10校はいずれも30日の2回戦から登場する。
 準々決勝、準決勝のカードはあらためて抽選を行う。選手宣誓は日川(山梨)の中沢俊治主将に決まった。


2016年12月04日日曜日


先頭に戻る