山形のニュース

意外な結果? 山形市が甘党日本一

山形市の老舗洋菓子店「ローリエ」のショーケースに並ぶシュークリームやエクレア

 山形市の人はシュークリーム好き? 総務省が県庁所在地と政令市計52市を対象に実施している家計調査の品目別ランキング(2013〜15年平均)で、シュークリームなどの「他の洋生菓子」の支出額が最も多い都市に今年初めて、山形市が躍り出た。洋菓子で有名な神戸市を抑えての堂々の日本一。地元関係者は「意外な結果」とふに落ちない様子だが、どうやら街の歴史や生活習慣などが関係しているようだ。(山形総局・伊藤卓哉)

 山形市が1位になったケーキやプリン以外の「他の洋生菓子」は、シュークリームやエクレアが主な対象商品。上位と東北各都市の1世帯(2人以上)当たりの支出額は表の通り。山形市の支出額(1万639円)は、全国平均の1.47倍だった。

<12年は7位>
 山形市は、12年公表分(09〜11年平均)が7位。13年に3位となり、14、15年は2位までランクを上げた。この結果に、山形県洋菓子協会の担当者は「なぜ山形市がトップなのか見当が付かない。どんな要因があるのか…」と首をかしげる。
 菓子店の受け止めはどうか。山形市の老舗洋菓子店「ローリエ」は、3段のショーケースのうち2段に210円のシュークリーム、エクレアが並ぶ。多い日は、400〜500個が売れる人気商品だ。

<贈答?来客?> 
 平日はスーツ姿の買い物客が目立つ。「お使い物で買っていく人が多い」と店主の伊藤孝一さん(76)。調査した県統計企画課の担当者も「確かに調査票の用途欄は贈答用や来客用の記述が多数を占めた」と話す。
 贈答用の需要が多いとの見立てに、米沢栄養大の斎藤寛子助手は「山形藩時代の文化の名残」と推察。「城下町は元々、茶菓子を土産として持参する習慣があった」と説明する。
 斎藤さんは営業形態の変化の影響も指摘し、「昔は和菓子店だったが、店主の代替わりを契機に洋菓子を扱ったり、くら替えしたりするところも多い。その過程で洋生菓子に波及したのではないか」とみる。
 山形大地域教育文化学部の三原法子講師は異なる視点から来客用としての需要が多いとの仮説を立てる。
 「県外、特に西日本出身の学生は『お茶は店でするもの』と言う。山形は自宅や事務所で客人を接待する機会が多い」というのがその仮説の前提条件。

<粋な心配り>
 「山形では来客時に、すしではなくラーメンの出前を取る習慣がある。シュークリームは洋生菓子の中で手頃な価格であり、相手が気兼ねしないで済む物でもてなす習慣が、洋生菓子にも反映されている可能性がある」と分析する。
 山形市でシュークリームやエクレアなどの購入額が全国トップの要因を解明するのは、そう甘くはないようだ。ただ、城下町文化が育んだ粋な心配りの精神が、今もなお受け継がれているという指摘は推測の多くに共通する点で、真実味があると言えそうだ。

[家計調査]総務省が家計収支の実態などを把握するために行う。生鮮食品の購入費や光熱費など約570項目のデータを集める。カステラ、ケーキ、ゼリー、プリン以外に該当するのが「他の洋生菓子」で、クレープ、バームクーヘンなどを含む。山形市が1位になった調査は2013〜15年、2人以上の世帯を対象に実施し、16年3月に結果を公表した。同市は96世帯が対象になった。


関連ページ: 山形 経済

2016年12月04日日曜日


先頭に戻る