宮城のニュース

<NPOの杜>心の居場所

 宮城県塩釜・多賀城両市を中心に、高齢になっても住み慣れた地域で生活できるように、買い物送迎や外出支援、見守りなどに取り組んできたNPO法人高齢者サポートチームしおたが。今年で設立7周年を迎えました。
 主にマイカーなどの移動手段のない高齢者のために、買い物や病院への送迎サービスをしています。昨年度は約250人の利用があり、「これからも地域の期待に応えていきたい!」と意気込むものの、続けていくにはボランティアの不足や担い手の高齢化などが団体の悩みです。
 一方、東日本大震災後に力を入れてきたのが、高齢者の孤立を防ぐ活動としての「交流懇談サロン」の運営です。誰でも気軽に集うことができるまちの居場所として、パッチワークや袋物などを作る教室、気軽におしゃべりするお茶会などを開いています。
 また、このサロンでは、毎月2回は「土曜日のサロン・三世代間の交流会」を催し、世代を超えた触れ合いを楽しんでいます。昨年度は延べ1000人を超える参加者がありました。
 人と人とのつながりが生まれるサロンは、これからも「心の居場所」となることが期待されます。
(認定NPO法人杜の伝言板ゆるる 久保美紀子)


関連ページ: 宮城 社会 NPOの杜

2016年12月05日月曜日


先頭に戻る