宮城のニュース

<全日本バド>タカマツ女王の誇り

女子ダブルス決勝 2連覇を果たした高橋礼(右)と松友のペア

 バドミントンの全日本総合最終日は4日、東京・代々木第二体育館で各種目の決勝が行われ、リオデジャネイロ五輪女子ダブルス金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス、宮城・聖ウルスラ学院英智高出)が米元小春、田中志穂組(北都銀行)に2−1で逆転勝ちし、2年連続5度目の日本一となった。
 女子シングルスはロンドン五輪代表の佐藤冴香(ヨネックス、宮城・常盤木学園高−日体大出)が、リオ五輪8強の山口茜(再春館製薬所)にストレート勝ちして初優勝。男子シングルスは西本拳太(中大)が坂井一将(日本ユニシス)に2−1で競り勝って初制覇した。
 男子ダブルスは園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)が遠藤大由(日本ユニシス)、渡辺勇大(日本ユニシス、福島・富岡高出)組を下して2連覇、混合ダブルスは嘉村、米元組が4年ぶり2度目の優勝を果たした。

◎逆転で5度目 「強い選手は負けない」

 タイトルにこだわらなかった大会で、最後は勝負強さを発揮した。高橋礼、松友組が逆転勝ちで2連覇を達成。「強い選手は負けないものだという考えが頭のどこかにあった。特にこの試合には出た」。高橋礼は女王のプライドをのぞかせた。
 やや押され気味の展開で、互いに1ゲームずつを取った。松友が「自分たちのいい形が出せた」と振り返る第3ゲーム。2人のコンビネーションで素早いラリーに持ち込み、強打で相手ペアを圧倒した。
 準々決勝からの3試合は全て最終ゲームまでもつれた。「負けても仕方ないと何度も思い、開き直った」と高橋礼。同時に「もっと気を引き締めないといけない」と自戒を込めた。
 2年連続5度目の頂点に立ち、国内では他を寄せ付けない。松友は「若手が育ってくることで(対戦した時に)新しい発見があり、自分たちの成長につながる」と語る。海外遠征が活動の軸とはいえ、国内での競技力の底上げが最強ペアの刺激になるのは間違いない。


2016年12月05日月曜日


先頭に戻る