宮城のニュース

布袋踊りや神楽…郷土芸能を次世代へ

地元の民俗芸能が披露されたまつり

 村田町の郷土芸能の発表会「ふるさと民俗芸能まつり」が11月27日、町中央公民館であった。
 町内の6団体が出演。町の秋の恒例行事「布袋まつり」の原点とされる本郷地区の布袋踊りや、関場地区の田植え踊り、各地区で伝承されている神楽などが披露された。
 年配者を中心に多くの来場者が会場を訪れ、出演者がおはやしに合わせて舞う姿をじっくりと鑑賞していた。
 まつりは、町教委が地元の伝統芸能を次世代に引き継ごうと2年に1度開いている。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2016年12月06日火曜日


先頭に戻る