広域のニュース

<まるっと!新名所>24歩 沖縄の良さ残る

日本一短い商店街には沖縄の文化と人情が息づいている=那覇市

◎列島フォトリレー/日本一短い商店街

 全長17.8メートル。沖縄県那覇市の八軒通り商店街は「日本一短い商店街」と店主らが胸を張る。
 戦後、8軒の食堂が並び、「八軒食堂通り」の愛称で親しまれた。時代とともに店は減り、通り名も消えた。いつしか「近道通り」と呼ばれたが、3年ほど前に「日本一短い商店街」をキャッチフレーズに元の名前を復活させた。
 洋服に化粧品、雑貨に足もみ、人生相談まで。現在は13店舗が営業する。地元客はもちろん、最近は観光客も短い通路を行き交っている。
 琉球舞踊衣装店を60年近く営む新垣悦子さん(83)は「沖縄の良さが残っている」と自慢する。水晶占いの店の金城祐子さん(56)は「通り名が戻って明るくなった」と喜ぶ。
 大人の足で24歩。日本一短い商店街で何が見つかるか。歩いてみないと分からない。(琉球新報)


関連ページ: 広域 社会

2016年12月05日月曜日


先頭に戻る