宮城のニュース

<楽天>今江、伊志嶺 話術でも魅了

ファンの質問に答える伊志嶺選手(左)と今江選手

 プロ野球東北楽天の今江敏晃、伊志嶺忠の両選手による「ファン感謝トークショー」(日清食品主催)が3日、宮城県石巻市のイオンモール石巻であった。両選手は訪れたファン約500人を前に5位に終わった今シーズンを振り返り、来季の巻き返しを誓った。
 今江選手は8月26日、仙台市の楽天Koboスタジアム宮城でプロ通算1500安打を達成。「ホームで記録をつくれたが、89試合しか出られず、チームに貢献できていない。来年はファンのために優勝を目指す」と意気込みを語った。
 伊志嶺選手は「1軍に定着できず、悔いだけが残った。秋季キャンプでは、試合に出るため捕手だけでなく、一塁や外野の守備にも取り組んだ」と述べた。
 選手のサイン入りグッズが当たるゲーム大会や質問コーナーなどもあった。
 東松島市の会社員金野愛さん(25)は「間近で選手を見ることができてうれしい。球場で活躍する姿を早く見たい」と話した。


2016年12月07日水曜日


先頭に戻る