福島のニュース

<東邦銀>原発事故で休業…南相馬小高で再開

小高支店オープンと同時に行員が来客対応に追われた

 東邦銀行は5日、福島県南相馬市小高区の小高支店を再開させた。東京電力福島第1原発事故の影響で休業していた。同行は休止が続く残る4店舗も、地域の復興状況に合わせて再オープンさせる考え。
 小高支店の行員は計7人。地元出身者を複数配置し、細やかな顧客対応に努める。相談カウンターや応接室を増やすなど設備面も拡充した。今年7月に一帯の避難指示が解除され、同行が準備を進めていた。
 支店前でテープカットがあり、地元関係者らが再開を祝った。北村清士頭取は「(集積が計画される産業では)ロボットや医療など注目されている分野もある。地域の経済発展と復興に貢献したい」と語った。


2016年12月06日火曜日


先頭に戻る