宮城のニュース

<仙台東西線1年>感謝のティッシュ配布

ポケットティッシュを手渡す西城管理者=地下鉄仙台駅東改札前

 仙台市地下鉄東西線が開業1周年を迎えた6日、市交通局はポケットティッシュ2500個を乗客らに配り、日頃の利用に感謝の気持ちを伝えた。
 仙台や荒井など東西線の駅で午前7時半から、職員33人が「ご利用ありがとうございます。おかげさまで1周年を迎えました」と呼び掛けながら、1周年のロゴマークがデザインされたティッシュを手渡した。
 西城正美交通事業管理者は「大きなトラブルもなく1年運行でき、ほっとしている。天候に左右されない地下鉄の良さをPRし、利用を促したい」と語った。


関連ページ: 宮城 社会

2016年12月07日水曜日


先頭に戻る