宮城のニュース

<ページェント>歓声お先 光の波

本番に備え、試験点灯されたケヤキ並木のイルミネーション=6日午後7時ごろ、仙台市青葉区の定禅寺通

 仙台市の冬の風物詩「SENDAI光のページェント」が9日に開幕するのを前に、実行委員会は6日、会場となる青葉区の定禅寺通でイルミネーションの試験点灯を実施した。通行人らは、一足早く現れた光の回廊に歓声を上げた。
 午後7時、160本のケヤキに取り付けた約60万個の発光ダイオード(LED)電球を一斉に点灯。実行委のメンバーが約1時間にわたり、電球の破損などを点検した。
 趣味で街並みを撮影中に偶然、試験点灯に遭遇した宮城野区の会社員舩山泉さん(28)は「冬が来た、という感じだ。きれいに写るように頑張りたい」と楽しそうに撮影を続けた。
 31日まで続くページェントの開始時間は午後5時半。日曜から木曜は午後10時までで、金、土曜と22日は午後11時まで。大みそかは元日午前0時まで点灯する。


関連ページ: 宮城 社会

2016年12月07日水曜日


先頭に戻る