宮城のニュース

東北電図画コンクール最優秀賞に石巻の木村君

最優秀賞を受賞した木村君の作品「スチームフィッシュ」

 第15回東北電力図画コンクール(女川原発主催)の表彰式が4日、石巻市のいしのまき農協であった。最優秀賞に選ばれた同市飯野川小4年の木村匠意(たくい)君(10)ら入賞者に、賞状と副賞が贈られた。
 テーマは「想像の海の生きものたち」。石巻地方の幼児から小学生までを対象に図画を募り、過去最多の5366点が寄せられ、最終審査などで37点の入賞作品が決まった。
 木村君の作品「スチームフィッシュ」は、モノクロで機械仕掛けの魚を表現。歯車や機器類を丁寧に描き、デザインも優れていると評価された。木村君は「こんな魚がいたらいいな、と思って描いた。とてもうれしい」と喜んだ。
 表彰式には入賞者と保護者ら約100人が出席。審査委員長を務めた同市の洋画家尾形たき子さんは「年々、作品のレベルが上がっている」と講評した。
 1次審査を通過した200点は、仙台市青葉区の東北電力グリーンプラザで27日〜来年1月9日(28日〜1月3日は休館)、石巻市の石ノ森萬画館で1月14〜22日に展示される。


 


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2016年12月08日木曜日


先頭に戻る