山形のニュース

着服、セクハラ…男性教諭2人を懲戒処分

 山形県教委は6日、保護者から集めた学校徴収金を着服したとして、置賜地区の高校の40代男性教諭を懲戒免職にした。監督不十分で校長や教頭ら4人を減給1カ月などの処分にした。
 県教委によると、教諭は2014年4月から16年2月にかけ、卒業アルバム代や実習費などの学校徴収金から計約73万円を引き出し、私的に使った。
 今年4月、卒業文集制作業者から代金未払いの連絡があり発覚した。ギャンブルや生活費に充てたという。本人が全額返還した。
 県教委はほかに生徒にセクハラ行為をしたとして、村山地区の高校の50代男性教諭も停職1年の懲戒処分にした。8月上旬、県内の民家で受験対策の合宿をした際、女子生徒2人にマッサージをさせたり腕枕をするなどした。


関連ページ: 山形 社会

2016年12月07日水曜日


先頭に戻る